FC2ブログ

FBからシェア

(声)「人を殺さない」が憲法の原点
2014年6月29日朝日新聞
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11215456.html

「私の生命はこの子にあげる」。
私は子どもを産んだときから、そういう思いで育ててきました。

 しかし、今、閣議決定だけで憲法9条の解釈が変えられ、
集団的自衛権の行使が認められようとしています。
成長した息子が人を殺し、だれかに殺されるかもしれない。
そんなことは絶対に許しません。
私の生命をかけてもさせません。

 「日本国民を守るため」と首相は言います。

偽りです。

「国民を守る」とは、
戦争による犠牲者を二度と出さないということではありませんか。

 日本の経済が落ち込み、
どんなに生活が貧しくなろうとも、
電気が無くてろうそくの明かりで過ごそうとも、
石油が無くて寒い冬に凍えようとも、
日本の若者たちが戦場で殺戮(さつりく)を繰り返すよりは、
よほど国民は幸せだと私は思います。

 若者のみなさん、
戦場へ行ってはなりません。

人を殺すくらいなら、
戦争に反対してどんな罰でも甘んじて受けましょう。

その方が世界を変えていく力になります。

人が人を殺すことだけはあってはなりません。

これこそが、日本の平和憲法の原点なのです。

-----------------------------------------------
埼玉県の高野陽子さんの言葉、同感です。
スポンサーサイト



プロフィール

grassbird

Author:grassbird
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR